よくわかるESTA申請方法とビザ免除プログラム HOME > ESTAを徹底解説! > ESTAが拒否された場合の対応方法

ESTAが拒否された場合の対応方法

カテゴリ:[ ESTAを徹底解説! ]


珍しいケースですが、犯罪者と姓名や生年月日が同じであるなどの理由で、誤ってESTA申請が拒否されてしまうことも稀にあるようです。

ですが、多くの場合、ESTA申請を拒否されるには何らかの理由があります。

基本的に米国大使館はESTA申請を拒否した理由を教えてくれません。


ESTA申請を拒否された理由が変わらない限り、ESTAを再申請しても再び拒否されてしまいます。そんな時には、2つの方法があります。

まず、1つ目は、ビザ免除プログラムでの渡航を諦めてビザの申請をするという方法。

米国大使館で目的に合わせてB-1(短期商用)ビザ、もしくは、B-2(短期観光)ビザを申請しましょう。

ただし、ビザを申請してから取得できるまでは、最短でも1週間、時間がかかる方では1ヶ月以上かかってしまいます。また、ESTA申請が拒否された理由によっては、同じようにビザの発行も拒否されてしまう可能性もあります。

『ESTA申請の代行サービスを利用しよう』の項で紹介している申請代行業者は、ビザの申請のサポートも行っています。確実にビザを入手したい方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか?

2つ目は、申請代行業者に原因の分析を依頼する、という方法です。

申請代行業者の多くはESTA申請に精通していますので、ESTA申請が拒否された原因の分析を行ってアドバイスをしてくれます。申請代行業者については『ESTA申請の代行サービスを利用しよう』をご覧下さい。